NEWS

口永良部島が再噴火 9キロ離れた海上で噴石

口永良部島が再噴火 9キロ離れた海上で噴石
先月、爆発的な噴火が発生した鹿児島県の口永良部島の新岳が、18日昼すぎ再び噴火し、火口からおよそ9キロ離れた海上で小さな噴石が落下したことが確認されました。
気象庁は、今後も、先月と同じ規模の噴火が発生するおそれがあるとして、引き続き口永良部島に噴火警戒レベル5の噴火警報を発表して、厳重な警戒を呼びかけています。
気象庁によりますと、18日午後0時17分ごろ、口永良部島の新岳で火山性微動が観測され、およそ30分間継続したほか、火口から北東へ2キロ余り離れた観測点で「空振」という噴火に伴う空気の振動が観測されました。
当時、新岳付近には雲がかかり、火口付近の様子は確認できませんでしたが、火口からおよそ9キロ東に離れた海上で、0.5センチから2.5センチ程度の小さな噴石が落下したことを海上保安庁の巡視船が確認しました。
このため気象庁は、「午後0時17分に口永良部島の新岳で噴火が発生し、午後0時47分まで継続した」と発表しました。
気象庁によりますと今回観測された「空振」の値は19.4パスカルで、先月29日の噴火で観測された62.2パスカルよりも小さく、噴火の規模は前回よりもやや小さいとみられるということです。
口永良部島の新岳では先月29日に爆発的な噴火が発生し、噴煙が火口から9000メートル以上の高さにまで上がったほか、火砕流の一部が海岸まで達し、現在、すべての住民が島の外へ避難しています。
気象庁は口永良部島では今後も先月29日と同規模の噴火が起きるおそれがあるとして、引き続き噴火警戒レベル5の噴火警報を発表して、厳重な警戒を呼びかけています。
 
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top