NEWS

口永良部噴火、避難先から初の漁 「待ちわびた」

口永良部噴火、避難先から初の漁 「待ちわびた」

口永良部島の新岳の爆発的な噴火で、屋久島に避難している住民の1人が、17日、噴火から初めての漁に出ました。
口永良部島の湯向地区に住む畠喜人さんは、午前5時過ぎ、屋久島町の一湊漁港から漁に出ました。
畠さんは、先月29日、噴火後、自分の漁船で島外へ避難しました。
口永良部島では民宿を経営し、自分で獲った魚などを振舞っていた畠さんは、屋久島では働く場所がないため、
新岳の火口から3キロよりも外の海域で漁をする許可を取ったと言うことです。
17日、畠さんは、口永良部島の北西にある入り江、岩屋泊で、ブダイなどおよそ60匹が釣れたということです。

KTS鹿児島テレビ ニュースより http://news.ktstv.net/e57354.html

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top