NEWS

火山性地震増加、噴火翌日以降で最多の22回 引き続き警戒を

火山性地震増加、噴火翌日以降で最多の22回 引き続き警戒を

 福岡管区気象台は17日、口永良部島・新岳(鹿児島県屋久島町)周辺で、火山性地震が先月29日にあった爆発的噴火の翌日以降で最多となる22回(午後3時現在)観測されたと発表した。管区気象台は同程度の噴火の可能性があるとして引き続き注意を呼びかけている。

 管区気象台によると、11~14日は1日4回以下で推移したが、16日午後4時ごろから増加。16日は10回観測した。火山活動が高まっている可能性があるとしている。

 マグマや地下水の移動により30秒以上揺れが続く「火山性微動」は観測されていない。

産経ニュースより http://www.sankei.com/affairs/news/150617/afr1506170032-n1.html

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top